生ごみ分別収集の手順

大木町では、生ごみなどの有機系廃棄物を発酵させ、液体肥料にして水稲など農作物の肥料として農地に返す「有機資源循環事業」を行っています。
生ごみを分別して集めるためには、住民の皆さんのご協力をいただき、家庭で生ごみをきちんと分別していただくことが不可欠です。

1.家庭の台所でごみの分別

(写真)家庭の台所でごみの分別

台所で出る生ごみから、ビニールやプラスチックなどの発酵しない異物を取り除き、三角コーナーなどで十分に水分を切ってください。

2.生ごみを水切りバケツへ

(写真)生ごみを水切りバケツへ

十分に水分を切った生ごみは、家庭用水切りバケツへ入れてください。

(水切りバケツは役場での転入手続き時に配布するほか、環境課や環境プラザでも斡旋販売しています。)

3.指定された収集バケツに排出

(写真)指定された収集バケツに排出

地区ごとに決められた収集日(週二回)の前日の夕方か、収集日の朝午前8時30分までに、地区で決められた場所に置いてある収集用バケツに生ごみを移してください。

  • 投入する時は、バケツの中にきれいに入れてください。
  • 投入後は、ふたをきちんと閉めてください。

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり課 環境グループ
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1120
ファックス:0944-32-1054
メールを送信