自立支援医療(精神通院医療)

精神科等の病気で通院した場合に、かかった医療費の自己負担が原則1割となる制度です。所得水準に応じて負担上限額の設定があります。また、薬剤費にもこの制度が適用されます。

自立支援医療費(精神通院医療)の申請に必要なもの

平成28年1月1日より、介護・福祉関係の申請には、「個人番号(マイナンバー)」の記載が必要となっています。申請時には、必要書類に加えて、「個人番号の確認」と「本人確認」できるものが必要です。

県外および政令市からの転入の場合

  1. 申請書(用紙は、役場福祉課にあります)
  2. 前住所地で交付された自立支援医療受給者証(精神通院医療)
  3. 世帯の課税状況がわかる書類(課税証明書等)
  4. 健康保険証
  5. 印鑑
  6. 通院先の医療機関・薬局等の名称、住所がわかるもの
  7. 同意書

氏名・県内住所変更(政令市を除く)

  1. 変更申請書(用紙は、役場福祉課にあります)
  2. 自立支援医療受給者証(精神通院医療)
  3. 印鑑

紛失等による再発行申請

  1. 申請書(用紙は、役場福祉課にあります)
  2. 印鑑

健康保険・医療機関変更の場合

  1. 申請書(用紙は、役場福祉課にあります)
  2. 自立支援医療受給者証(精神通院医療)
  3. (健康保険の変更の場合)新しい健康保険証
    (医療機関等の変更の場合)新しい医療機関・薬局等の名称・住所がわかるもの

注意事項

  1. 1月2日以降に大木町に転入してきた方は、世帯の昨年の課税状況がわかる書類が必要です。転入前の住所地から課税証明書をもらってきてください。
  2. 自立支援医療(精神通院医療)用の診断書の提出は、2年に1回です。ご不明な方はお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 福祉グループ
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1060
ファックス:0944-32-1054
メールを送信