高額療養費の支給

国民健康保険では、窓口で払い込む患者負担が高額になったときに、あとで国民健康保険から払い戻される制度(高額療養費制度)があります。
同一月に同一医療機関においてかかった患者負担が、国の定める自己負担限度額を超えていることが要件となります。該当する方は、役場健康課保険医療係で手続きを行ってください。

申請時に必要なもの

印鑑・保険証・病院等へ支払った領収書
口座振込み希望の方は、世帯主名義の預金通帳
平成27年1月1日から高額療養費の自己負担限度額が変わります。

国民健康保険の手続きには、個人番号と本人確認が必要です。


以下のページをご覧ください。

70歳未満の方だけの世帯

高額療養自己負担限度額(月額)

(表)高額療養自己負担限度額(月額)

4回目以降の自己負担限度額
同じ世帯で12ヶ月間に4回以上、高額療養費の支給を受ける場合、4回目からは限度額が下がります。
(多数該当)

高齢受給者(70歳〜75歳未満の方)・・・ 高齢受給者参照

高額医療費の計算の仕方

  1. 個人ごとに、外来で支払った自己負担分を計算
  2. 同じ世帯で、入院・外来で支払った自己負担分を計算

同一世帯に70歳未満の方と高齢受給者の方がいる場合、まず高齢受給者の方の外来について個人ごとに計算し入院がある場合は外来と入院をあわせて計算します。
さらに、その後70歳未満の方の分とあわせて世帯全体の払い戻し額を決定します。

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 保険医療係
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1280
ファックス:0944-32-1054
メールを送信

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。