支給認定申請と利用申し込みについて

平成27年4月より子ども・子育て支援の新たな制度が始まりました。保育所等の利用申込みの際には、支給認定申請という新たな手続きが必要となります。

支給認定について

新制度では、保育園や認定こども園、一部の幼稚園を利用するときに、「支給認定」といわれる手続きが新たに必要となります。支給認定とは、子どもの年齢と保育の必要性により、その区分をあらかじめ認定するもので、1号認定、2号認定、3号認定の3つの区分に分けられます。

1号認定と幼稚園などの利用について

認定こども園を1号認定で利用したい場合や幼稚園を利用したい場合は、直接希望される施設へ申し込んでください。認定こども園や新制度に移行する幼稚園については、入園の内定後に園を通じて支給認定を申請してもらうことになります。いずれも、町の窓口での手続きは基本的にはありません。

保育認定(2号認定・3号認定)と保育園などの利用について

平成27年度4月以降、新たに保育園などで保育を受けたい場合は、町の窓口へ申し込んでください。保育認定は保育が必要かどうかを判断するための保護者の要件があります。

保育認定の要件

1就労していること。(ひと月において、60時間以上労働することを常態としていること。)

2妊娠中であるか又は出産後間がないこと。

3疾病または心身に障害がある。

4同居の親族(長期間入院等をしている親族を含む。)を常時介護または看護していること。

5震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっていること。

6求職活動(起業の準備を含む。)を継続的に行っていること。

7学校に通っている、職業訓練を受けていること。

以上の事由のほか、社会的養護の観点などから子どもの保育が必要と認められる場合は、保育認定をすることがあります。

保育短時間・保育標準時間について

2号認定児童または3号認定児童の保育必要量は、勤務証明書等の書類内容やご家族の状況により、「保育短時間」と「保育標準時間」に区分されます。

保育短時間

最大8時間の保育を受けることができます。

町内の保育園および認定こども園では、8時30分から16時30分を保育短時間の保育時間としています。

保育標準時間

最大11時間の保育を受けることができます。

町内の保育園および認定こども園では、7時から18時を保育標準時間の保育時間としています。

手続きに必要な書類など