マイナンバー制度についてお知らせします

社会保障・税番号(マイナンバー)制度とは

マイナンバーチラシ

社会保障・税番号制度(以下「マイナンバー制度」という。)は、複数の機関に存在する個人情報について同一人の情報であることを確認しやすくすることで、行政を効率化し、国民の利便性を高めるとともに、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、公平・公正な社会を実現することを目的とした制度です。

制度が導入されることによって、各種申請等の際に必要だった添付書類が不要になるなど、手続きが簡素化されることで市民の負担が減ること、また所得や他の行政サービスの受給状況が把握しやすくなることから、脱税や不正受給を防止するとともに、本当に困っている人に対してきめ細やかな支援を行えることなどが期待されています。

制度導入にともなって、平成27年10月には、住民票を有する全ての人に12桁の番号(マイナンバー)が通知され、平成28年1月からマイナンバーの利用が始まります。また、法人にも13桁の法人番号が指定されます。

マイナンバーの利用範囲

平成28年1月から社会保障・税・災害対策等の分野で法律または条例に定められた行政手続の際に、マイナンバーが必要になります。

  • 年金や雇用保険の資格取得や確認、給付
  • 福祉分野の給付、生活保護
  • 確定申告書、源泉徴収票への記載
  • 被災者台帳の作成など

法律等で定められた目的以外でマイナンバーを利用したり、他人に提供したりすることはできません。他人のマイナンバーを不正に入手したり、正当な理由なく提供したりすると、処罰されることがあります。

通知カードと個人番号カード

平成27年10月に住民票の住所にマイナンバーが記載された通知カードが郵送されます。また平成28年1月からは、申請によって個人番号カードを取得できます。

個人番号カードは、身分証明書として使えるほか、e-Tax等の電子申請にも利用できます。 番号が漏えいし不正に使われる恐れがある場合を除き、マイナンバーは一生変更されませんので大切にしてください。

マイナちゃんのマイナンバー解説

マイナンバーキャラクターの「マイナちゃん」がマイナンバーの基本的な質問について分かりやすくお答えします。(下記リンクをクリックしてください。)

関連リンク

お問い合わせ

マイナンバー制度のお問い合わせ

全国共通ナビダイヤル(通話料がかかります。)
0570-20-0178

通知カードに関するお問合せ

税務町民課 戸籍住民係
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1068
ファックス:0944-32-1054