り災証明書等の発行について(台風・大雨などの被害)

地震、暴風、大雨などの自然災害により住家などへ被害を受けた際に、保険請求の手続や公的支援の提出資料などのために、証明書が必要になる場合があります。このような場合に、大木町では「り災証明書」または「り災届出証明書」を発行しています。

証明書の種類

◯り災証明書

自然災害により被災した住家被害の程度(全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊など)を証明するものです。

※職員による現地確認などが必要となるため、証明書の発行まで一定の期間を要します。

被災した物件が住家以外のもの(倉庫やカーポートなど)である場合は、「り災届出証明書」を交付します。

 

◯り災届出証明書

「災害により被害を受けたという届出をしたこと」を証明するものです。住家のほか、倉庫、車庫などの非住家やカーポートなどの構築物についても証明の対象となります。

申請に必要なもの

以下のものを準備し、総務課にて申請をしてください。

・り災証明書等交付申請書(様式第1号)

・被害状況がわかる写真

・被害場所の写真

・印かん

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 管理防災係
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1035
ファックス:0944-32-1054
メールを送信