大木町収穫等食育体験事業に係る公募及び審査結果

令和4年度 大木町収穫等食育体験事業に係る事業者の公募について

 

 本事業は、食育・地産地消・おおきモデル推進事業実施計画に基づき、下記のとおり公募します。

 

【事業選定要件】

 事業主体 町内の農業者等

 事業企画の内容として 

  1. 農産物の収穫体験を含む食育事業である事業企画であること。

    ※子育て世帯を対象にした事業で、実施期間は4月下旬から12月末までに実施できること。

  2. 大木町創業・交流支援センター(WAKKA)または大木町農産物加工施設を利用した事業企画であること。
  3. 事業回数は2回以上開催できること。※1日に2回(午前・午後)の開催も可
  4. 1回の開催で5組以上が参加できる事業企画であること。
  5. 事業費は、参加者負担金(1,000円~2,000円/組または人)と町助成金(上限100,000円)の費用範囲内で事業実施が可能であること。
  6. 参加者に対するアンケート調査を実施すること。
  7. 参加者の受付事務・問合せ等は、事業主体者において対応できること。

 

 公募期間 令和4年3月29日(火曜日)~4月8日(金曜日)15時まで

 提出先  大木町産業振興課(役場2階)に持参・郵送など

 

事業者の選定について

 審査会  4月8日(金曜日)16時~(予定) 役場内会議室

 審査委員 3人(予定)

 審査項目 下記の項目により評価し、事業者を選定します。

  1. 魅力ある収穫体験等、食育事業の企画提案となっているか
  2. 施設利用の企画提案となっているか
  3. 参加者の満足度調査が図られる企画提案となっているか
  4. 事業費に見合う企画提案となっているか

事業企画提案に係る応募数及び審査結果について

事業企画書の提出件数  1件

審査結果  事業企画について選考委員 4人全員「採用」

事業実施者  農事組合法人おおき農業塾ラ・フレーズ 理事長 黒沼 清寿

提案事業名  わくわく!世界に1つの自分だけの苺パフェを作ろう。

開催場所  ラ・フレーズ苺ハウス内、大木町地域創業・交流支援センター(WAKKA)

開催日時  5月13日(金曜日)・5月14日(土曜日)・5月15日(日曜日)

        各日とも10時~12時・13時~15時の2回開催

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 産業政策グループ
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1063
ファックス:0944-32-1054
メールを送信