新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルスに関連して、感染した方及びそのご家族、感染した方の治療に従事した医療関係者及びそのご家族、感染が拡大している地域から帰国した方、外国人の方等に対して、不当な差別、偏見、いじめ等があってはなりません。

人権侵害につながることのないよう、国や自治体が提供する情報に基づき、冷静な行動に努めましょう。

人権問題についての相談窓口

不当な差別やいじめ等を受けた場合は、ひとりで悩まずに、下記の相談窓口にご相談ください。

・みんなの人権110番(法務省)

 0570-003-110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

・子どもの人権110番(法務省)

 0120-007-110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

・女性の人権ホットライン

 0570-070-810(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

・外国語人権相談ダイヤル(法務省)

 0570-090911(平日午前9時から午後5時まで)

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり課 政策企画グループ
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1047
ファックス:0944-32-1183
メールを送信