「掘割に歴史を刻む 水と緑の大木町」とは

先人が残してくれた農耕文化の遺産である掘割

町の中には掘割(クリーク)という水路が縦横に走っており、町の全体の面積の約14パーセントを占めています。
この掘割は先人がただ用水のために作ったのではなく、かつて湿地だったこの地に生活や農業の用地を確保するために土を掘り上げて作られた農耕文化です。
大木町の風景には必ずといっていいほど掘割(クリーク)が映ります。
この地で生活を営む上で掘割は欠かすことができないものです。

(写真)クリーク一面に蓮の花
(写真)しょうぶ
(写真)川祭り(水神さん飾り)
(写真)クリークとアヒル
(写真)堀干しの様子
(写真)クリークの里石丸山公園(雪景色)
(写真)クリークの里石丸山公園(夏)
(写真)クリークに舟浮かべて舟遊び
この記事に関するお問い合わせ先

企画課 企画係
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1036
ファックス:0944-32-1054
メールを送信