オオキンケイギクは、特定外来生物です

オオキンケイギク5月から7月頃にかけて、鮮やかな黄色の花をつけるオオキンケイギク。

オオキンケイギクは、日本の生態系に重大な影響をおよぼすおそれがある植物として、外来生物法による「特定外来生物」に指定され、栽培、運搬、販売、野外に放つことなどが禁止されています。

オオキンケイギクが庭などに生えているのを見かけたら駆除しましょう。しかし、オオキンケイギクは生きたまま移動させる、保管するなどの行為が禁止されています。

処理するときには、根から引き抜いたものを2、3日天日にさらして枯死させるなどした後で、燃やすごみで処分してください。場所によっては、除草剤による駆除も効果的です。拡げないようにするためには、種子をつける前に駆除することが望まれます。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

環境課 生活環境係
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944-32-1120
ファックス:0944-32-1054
メールを送信