国保とは

国保(国民健康保険)は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もって社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的とする制度で、病気やけがをした時に安心して医療を受けることができる社会保障制度の一つです。75歳未満で、職場の健康保険等に加入している人、生活保護を受けている人以外は全員が国保に加入することになっています。

平成30年4月から国保制度が変わります

国保(国民健康保険)は、平成30年3月までは市町村ごとに運営されていましたが、平成30年4月からは、県も市町村とともに国保運営を担うこととなりました。

これにより、市町村の国保運営のしくみは変わりますが、医療の受け方は変わりません。また、保険税の納付先や保険給付の申請、各種届出の窓口はこれまでどおりお住まいの市町村で変わりません。

平成30年4月以降に変わること

被保険者証等の様式が変わります!!

県も国保の保険者になるため、被保険者証(保険証)や限度額適用認定証等の様式が変わります。

※大木町では令和元年度より、被保険者証の更新時期が4月から8月に変わります。また、今まで70歳~74歳の方に交付されていた高齢受給者証が被保険者証と一体化します。そのため、被保険者証に一部負担割合(2割~3割)が記載されるようになります。

国民健康保険の手続きには、個人番号と本人確認資料が必要です。

以下のページをご覧ください。

加入と脱退

国保(国民健康保険)に加入や脱退する際は、必ず届出をお願いします。

国保から職場の健康保険等に変わられた場合、届出をしないと国保に加入されたままになります。(届出されると、国保税は再計算されます。)

国保に加入するとき

国保に加入するとき
こんなとき 届出に必要なもの
他の市町村から転入したとき 印鑑、他の市町村の転出証明書
職場の健康保険をやめたとき 印鑑、職場の健康保険をやめた証明書※
職場の健康保険の扶養から外れたとき 印鑑、扶養からはずれた証明書※
子供がうまれたとき 印鑑、保険証、母子健康手帳
生活保護を受けなくなったとき 印鑑、保護廃止決定通知書

国保を脱退するとき

国保を脱退するとき
こんなとき 届出に必要なもの
他の市町村に転入するとき 印鑑、保険証
職場の健康保険に入ったとき 印鑑、国保と職場の保険証
職場の健康保険の扶養になったとき 印鑑、国保と職場の保険証
国保の被保険者が死亡したとき 印鑑、保険証
生活保護を受けるようになったとき 印鑑、保険証、保険開始決定通知書

この記事に関するお問い合わせ先

税務町民課 戸籍税務グループ
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1067
ファックス:0944-32-1054
メールを送信