自然災害に備えて

大雨、洪水、台風、地震など多くの種類の災害が起こる危険があります。近年では局地的に短時間で大雨を降らすゲリラ豪雨や、強い勢力を保ったまま九州に接近する台風など災害の危険度が増してきています。

日ごろの備え

  • 家族防災会議を開き、家族それぞれの役割分担や離れた場合の連絡方法を確認しておきましょう。(NTT「災害用伝言ダイヤル171」や、携帯電話会社「災害用伝言掲示板」の活用など)
  • ライフライン(電気、ガス、水道など)が切断されたときのために、2〜3日分の食料、飲料水及び生活用水を、家庭内に確保しておきましょう。
  • 避難するときのための携行品(懐中電灯、ラジオ、非常食など)を準備しておきましょう。
  • 台風対策として壊れやすい箇所の補修・修理を行っておきましょう。
  • 地震対策としては家屋の耐震化を図ることが最も有効ですが、家具の転倒防止策(特に就寝場所周辺)などを講じましょう。

大雨や台風時には

  • テレビやラジオで流される気象情報に十分注意しましょう。
  • むやみに外出しないようにしましょう。外出時は早めに帰宅しましょう。
  • 家の周りを点検しましょう。
    ・雨戸を閉め、雨戸のないガラス戸にはカーテンを引くか、布で内張をしましょう。
    ・物干し竿や鉢植えは飛びやすいので、室内に入れましょう。
  • 避難勧告や指示がなくても、周囲の状況から見て危険と判断した場合には、早めに自主的に避難しましょう。

情報を集めましょう

  • 気象庁のホームページ
    レーダー・ナウキャストで現在の雨の状況、今後の予想が確認できます。
    台風情報も確認できます。
  • 福岡県の河川防災情報
    山ノ井川や花宗川の水位が確認できます。
  • 非常災害時の停電情報(九州電力株式会社 提供)

非常災害時の停電情報(停電戸数、停電率、復旧見込みなど)が確認できます。

町の避難所

大木町では次の施設を緊急避難場所として指定しています。

台風、洪水、高潮、内水氾濫等の場合

状況に応じて開設する避難場所を広げていきます。

自主避難および避難準備情報発令時に開設する施設

大木町子育て交流センター(役場北側)
大木町総合体育館
子育て交流センターの収容人数を超えた場合に総合体育館を開設します。

避難勧告発令時に開設する施設

上記施設に加え次の施設を開設します。

大溝小学校体育館
大莞小学校体育館

避難指示発令時に開設する施設

上記施設に加え次の施設を開設します。

大溝小学校校舎
木佐木小学校校舎
木佐木小学校体育館
大莞小学校校舎

大規模災害が発生した場合に開設する施設

上記施設に加え次の施設を開設します。

大木中学校校舎
大木中学校体育館
大木町柔剣道場
大溝保育園
大木町給食センター

地震の場合

次の場所に緊急避難してください

「大溝小学校・木佐木小学校・大莞小学校・大木中学校」の各グラウンド
大木町子育て交流センター(役場北側)
大木町総合体育館

上記の「交流センター、体育館」については、施設の安全を確認後、開設します。

施設の安全を確認後に次の施設を開設します

大木町子育て交流センター(役場北側)
大木町総合体育館
大溝小学校体育館、校舎
木佐木小学校体育館、校舎
大莞小学校体育館、校舎
大木中学校体育館、校舎
大木町柔剣道場
大溝保育園
大木町給食センター
くるるん(バイオマスセンター)研修室

  • 福祉避難所
    特に介護が必要な方など特別な支援が必要な場合は、次の施設を福祉避難所として開設します。

大木町健康福祉センター

大木町避難勧告等の判断・伝達マニュアルについて

平成27年8月に改訂された避難勧告の判断・伝達マニュアル作成ガイドラインを参考に、大木町避難勧告等の判断・伝達マニュアルを改訂しています。以下にはその概要版を掲載しています。

今回の改訂では、大潮の時や九州北部豪雨での総降水量を参考に、注意すべき降水量等の目安について設定しています。

大木町洪水ハザードマップ

筑後川と矢部川の浸水想定区域と浸水した場合に予想される水深等を表示したものです。

  • 浸水想定区域
    筑後川については、概ね150年に1回程度起きる大雨、
    矢部川については、概ね100年に1回程度起きる大雨
    が降ったことによる河川の氾濫の場合に浸水が想定される区域を示しています。

想定を超える降雨の発生や、支流、内水等による氾濫の影響は考慮していません。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 管理防災係
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1035
ファックス:0944-32-1054
メールを送信

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。