妊活、妊産婦相談

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)と男性不妊治療にかかる費用の一部を助成します

大木町では妊活中の方を応援しています。

特定不妊治療を実施または希望しているご夫婦は「特定不妊治療(体外受精・顕微授精)と男性不妊治療費助成金チラシ(下記クリック)」をご確認ください。

申請書類

「大木町特定不妊治療費助成金交付申請書(下記クリック)」をご利用ください。

また、夫婦の一方が町外に住所を有する場合は「町外居住についての申立書(下記クリック)」も併せてご利用ください。

Q&A

質問

つわりがつらいんですが。

答え

つわりの症状は人それぞれです。吐き気があり食欲のない人は、食べられるものを見つけて小分けにして食べましょう。吐いた後は水分補給を忘れずに。あまりにもつらいようだったら医師の診察を受けましょう。
食べづわりの人は、体重管理のことも少し気にかけてなるべく低カロリーのものを選んでください。ママがつわりでつらくてもおなかの赤ちゃんは元気なので心配しなくても大丈夫です。

質問

妊娠したら、どれぐらい栄養をとればいいですか?

答え

妊娠をきっかけに、これまでの食生活を見直すという方は多いと思います。安産のために、適正なカロリーや塩分量を知り、正しい食習慣を身につけることは、自分だけでなく、ご主人や生まれてくるお子さんを含む家族の将来の健康を守ることにもつながります。

  • ポイント1
    「主食」を中心にエネルギーをしっかりと
    太りすぎを気にするあまり、必要な栄養がとられず、おなかの赤ちゃんの発育に悪い影響を及ぼすことがあります。甘いものや高カロリーの食品をとることは控えたいものですが、ごはんを中心に、魚・肉・卵、大豆製品など、良質のたんぱく質を使った主菜に、野菜を使った副菜を、毎食とるように心がけましょう。
    妊娠前の体型によって妊娠中の好ましい体重増加量が異なります。かかりつけの医師に相談することをお勧めします。
  • ポイント2
    不足しがちなビタミン・ミネラルを「副菜」でたっぷりと
    野菜には、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、健康の維持、増進に必要な栄養が多く含まれています。特に、ママの健康だけでなく、おなかの赤ちゃんの発育を促し、おいしい母乳を作る働きもありますので、産後も積極的に取りたいものです。また、緑黄色野菜に含まれる葉酸には、ママの貧血を改善したり、神経管閉鎖障害という、赤ちゃんの病気を予防する働きもあります。
    野菜、きのこ、いも、海藻を使った「副菜」は妊娠初期では1日5〜6品、妊娠中期、末期、授乳期では6〜7品を目標にとりましょう。
  • ポイント3
    牛乳・乳製品などの多様な食品を組み合わせて、カルシウムを十分に
    カルシウムは、「牛乳・乳製品」「大豆・大豆製品」「緑黄色野菜」「小魚類」「海藻、乾物」などに多く含まれます。日本人はカルシウムの目標量を大幅に下回っていますので、積極的にとるようにしましょう。コップ1杯の牛乳は毎日の習慣にしたいですね。

ポイントをいくつかお示ししましたが、もっと詳しく知りたい方は、

健康課健康づくり係 電話番号:32−1280 にお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 健康づくり係
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1280
ファックス:0944-32-1054
メールを送信