予防接種相談

質問

予防接種をすれば絶対感染しないのですか?

答え

そうとは言えません。
予防接種とは、「病原菌に感染しない(うつらない)」ためのものでなく、「感染しても(うつっても)発病しない」ためのものですから、接種の時期や体力の加減で予防接種が効かなかったり、体の中に免疫ができる前にかかったりしてしまうことがあります。そのため、法律で定められた時期に、子どもさんの体調がいいときに、なるべく早めに接種することが望まれます。
また、1つの病気にたいして、1種類のワクチンを接種するのですから、(混合ワクチンを除く)当然、予防接種していない病気には感染します。
決して、「予防接種は万能薬」とは考えないでください。

質問

予防接種をすると、副作用がでるとも聞きます。受けたほうがいいでしょうか?

答え

予防接種は、毒性を弱くした病原体の一部などを、注射や口から体内に入れる方法で行っています。そのため、ワクチンの種類によっては熱を出したり、注射のあとがはれたり、食欲がなくなったりすることがあります。しかし、これらの症状はすぐもとに戻りますので心配はいりません。また、きわめてまれですが、脳炎や脳症、ショックを起こすことがあります。このように、予防接種には副反応があることも知っておいて下さい。このため、お母さんは日ごろから、お子さんの体質や体の調子、健康状態に気をつけておく必要があります。
このような、ごくまれにおこる予防接種による健康被害を恐れて、子どもさんに一度も予防接種を受けさせないというお母さんもいるようです。
予防接種はこわいものと決めつけてしまう前に、受けなかった場合の影響について考えてみましょう。予防接種を受けないでいると、感染症は本人だけでなく、家族の健康な生活をおびやかすことにもなりかねません。
私たちの暮らしが昔のように感染症を恐れずに済むようになったのは、予防接種の実施によるところが大きいのです。子どもの健やかな成長を願う親の責任として、ぜひ、予防接種を受けさせてあげたいものです。

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 健康づくり係
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1280
ファックス:0944-32-1054
メールを送信