児童手当について

次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援するための手当を支給する制度です。

手当が受けられる方

児童手当は、日本国内に住所があって(留学のために海外に住んでいて一定の条件を満たす場合を含む)、15歳到達後最初の3月31日までの間にある子どもを養育している人に支給されます。

手当の月額

  • 3歳未満 一律 15,000円
  • 3歳以上小学校終了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
  • 中学生 一律 10,000円

児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。

「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

所得制限限度額は添付ファイルをご覧ください。

手当の支払い

手当は、申請をした翌月分から要件に該当しなくなった月分までを支給します。手当は、6月、10月、2月に支払い月の前月分までが支払われます。

申請手続き

児童手当認定請求書
出生、転入等により新たに受給資格が生じた人は、認定請求書を提出してください。

児童手当額改定認定請求書
児童手当を受けている人で、出生等により児童手当の支給対象となる子どもに増減がある人は、額改定認定請求書を提出してください。

公務員については、勤務先からお支払いすることとなりますので、勤務先で手続きをしてください。
なお、公務員になられた場合には、大木町役場こども未来課子育て支援係へ「児童手当受給事由消滅届」の提出が必要となります。

申請に必要なもの

  1. 印鑑
  2. 申請者名義の通帳等
  3. 申請者名義の健康保険証

子どもと別居している場合のみ

  1. 住民票(子どもがいる世帯全員の続柄と本籍が記載されているもの)

その年の1月1日に大木町に住民登録のなかった方のみ

  1. 児童手当用所得証明書(前住所地の市区町村長で発行)
    (1〜5月分は前々年分、6〜12月分は前年分)

※マイナンバー法の施行に伴い、平成28年1月より、新規申請等の際に個人番号の記載が必要となります。

ご申請の際には、申請者及び配偶者の個人番号がわかるもの(個人番号カード、通知カード)と申請者本人の確認書類(運転免許証、パスポートなど)を合わせてお持ちください。

児童手当の趣旨にご理解をお願いします

児童手当は、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを応援するという趣旨のもとに支給するものです。児童手当を受給された方には、児童手当の趣旨に従って、児童手当を用いなければならない責務が法律上定められています。
子どもの将来の夢は何ですか?児童手当は、子どもの健やかな育ちのために、子どもの将来を考え、有効に用いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
(なお、万一、子どもの育ちに係る費用である学校給食費や保育料等などを滞納しながら、児童手当が子どもの健やかな育ちと関係のない用途に用いられることは、法の趣旨にそぐいません。児童手当の趣旨について十分にご理解をいただきますよう、よろしくお願いいたします。)

この記事に関するお問い合わせ先

こども未来課 子育て支援係
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1066
ファックス:0944-32-1054
メールを送信

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。