新型コロナワクチン接種(4回目)について

 新型コロナウイルス感染症は高齢の人ほど重症化しやすく、また一定の基礎疾患を持つ人も重症化しやすいことが明らかになっています。新型コロナワクチンを3回接種した場合も、変異株の流行や接種後の時間の経過とともに、ワクチンの有効性は低下することが報告されています。

 大木町においても、下記のとおり、新型コロナワクチンの4回目接種を実施します。

対象者

新型コロナワクチン(追加)3回接種後、5か月以上経過した人で、

1 60歳以上の人

2 18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する人、その他重症化リスクが高いと医師が認める人

 

2に該当する方は、下記のとおり、事前登録が必要です。

60歳以上の人は事前登録の必要はありません。

 

事前登録が必要な人について(重症化リスクの高い基礎疾患を有する人)

18歳以上60歳未満で下記に該当する人は、事前登録が必要です。

下記に該当し、4回目接種を希望される人は大木町コールセンターに電話してください。

登録された方に、接種券を送付します。

   大木町コールセンター 0120-791-781 

          (受付時間 平日9時半~18時半 土曜日9時半~17時半)

 

1 以下の病気や状態の人で、通院または入院している人

 ・慢性の呼吸器の病気

 ・慢性の心臓病(高血圧を含む)

 ・慢性の腎臓病

 ・慢性の肝臓病(肝硬変等)

 ・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病

 ・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)

 ・免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)

 ・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている

 ・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患

 ・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)

 ・染色体異常

 ・重症心身障害(重度の身体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)

 ・睡眠時無呼吸症候群

 ・重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手用を保持している場合)

2 18歳以上60歳未満で、BMIが30以上の人

3 新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師に認められた人

 

接種券の発送時期と4回目接種時期などの目安

 60歳以上の人、及び基礎疾患を持つ人などで事前登録された方に、順次発送します。

 3回目接種完了時期 対象人数 発送時期(予定) 予約開始(予定)
令和3年12月 16人 6月3日~ ※医療従事者・介護従事者等
令和4年1月 232人 6月3日~
令和4年2月上旬 1,300人 6月30日~ 7月7日~
令和4年2月下旬 1,290人 7月4日~ 7月11日~
令和4年3月 1,370人 7月中旬 7月下旬
令和4年4月 96人 8月中旬 8月下旬

郵送される接種券に、予約方法などを記載した案内通知を同封します。

使用するワクチンについて

 新型コロナワクチン追加接種(4回目接種)で使用するワクチンは、1・2回目及び3回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、mRNA(ファイザー社ワクチンまたは武田/モデルナ社ワクチン)を使用します。

 国から供給されるワクチンの状況によって、町で使用するワクチンの種類や時期を調整します。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康グループ
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1280
ファックス:0944-32-1054
メールを送信