(お知らせ)弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

落ち着いて、速やかな避難行動を

弾道ミサイルは、発射後、極めて短時間で日本に飛来することが予想されます。例えば、北朝鮮西岸の東倉里(トンチャンリ)付近から発射された弾道ミサイルは、約10分後に、発射場所から約1,600キロメートル離れた沖縄県先島諸島上空を通過しています。なお、弾道ミサイルの種類や発射の方法、発射場所等により日本へ飛来するまでの時間は異なります。

(ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合)

国からの緊急情報を瞬時に伝える「Jアラート」に連動している町の防災無線を使用し、屋外スピーカーを通して国民保護サイレン音とともに避難を促すメッセージが流れます。また、緊急速報メールなどにより緊急情報が流れます。

(メッセージの内容)

例:直ちに避難。直ちに避難。直ちに頑丈な建物や地下に避難してください。ミサイルが落下する可能性があります。直ちに屋内に避難してください。

(「ミサイルが落下する可能性がある」との情報伝達があった場合の行動について)

1.屋外にいる場合

近くの頑丈な建物や地下に避難してください。建物内に避難したら爆風で壊れた窓ガラスなどの破片で被害を受けないよう、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守ってください。

2.屋内にいる場合

できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

3.自動車の車内にいる場合

車は燃料のガソリン等に引火するおそれがあります。車を止めて頑丈な建物や地下に避難してください。周囲に避難できる建物などがない場合は、車から離れて地面に伏せて頭部を守ってください。高速道路を通行している時など、車から出ると危険な場合には、車を安全な場所に止め、車内で姿勢を低くして、行政からの指示があるまで待機してください。

(近くにミサイルが着弾した場合)

弾頭の種類に応じて被害の及ぶ範囲などが異なりますが、次のように行動してください。

1.屋外にいる場合

口や鼻をハンカチで覆いながら、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内の部屋または風上に避難してください。

2.屋内にいる場合

換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉してください。

(「ミサイルがこの地域を通過した」との情報伝達があった場合)

政府からの情報など、テレビやラジオなどで情報を収集し確認してください。もし、不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、すぐに警察署、消防署などに連絡してください。

速やかな避難行動と正確な情報収集に努めてください。

・内閣府のパンフレットをご参照ください。(以下のPDFファイルをクリック)

・国民保護に関する詳しい情報は以下のホームページをご参照ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 管理防災係
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1035
ファックス:0944-32-1054
メールを送信

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。