寒波による水道管の凍結にご注意ください!

 気温がマイナス4度以下(風当たりの強い場所はマイナス2度以下)になると、防寒の不完全な水道管は、凍ったり、破裂したりすることがあります。

 平成28年1月の寒波では、多くのご家庭で水道管の凍結による破裂が起こったために配水池の貯水量が著しく低下すると、やむを得ず断水せざるを得ない場合がありますので、お早めに凍結防止の準備をお願いします。

水道管の凍結が見られるのは、次のようなところです。

  1. 水道管がむき出しになっているところ
  2. 水道管が北側にあるところ
  3. 風あたりの強いところにある水道管

 水道管や蛇口が破裂した場合は、メータボックス内の元せん(止水栓)を閉めて、破裂した箇所に布、テープ等をしっかりまきつけて「町指定の給水装置修理事業者」へ修理を依頼(有料)してください。

 町指定の給水装置修理事業者をご覧になる場合は、「町指定の給水装置修理事業者PDFファイル」をクリックしてください。

寒波による水道管の凍結・破裂に注意しましょう。

kanpa

この記事に関するお問い合わせ先

建設水道課 庶務水道グループ
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944-32-1064
ファックス:0944-32-1054
メールを送信