【新規事業】文化芸術鑑賞ツアー(仕切りなおしの第1弾)

町内にはない美術館や大型ホールイベントへ、町のバスに乗って鑑賞に行きましょう。

記念すべき第1回目は、7月の大雨により中止となり、今回が仕切りなおしの第1回目

 

行き先は、久留米市美術館

熊谷守一展を鑑賞し、美術館1階にて開催中の重要無形文化財保持団体秀作展も鑑賞します。

もみじまつりが開催中で、当日は美術館横のガーデンテラスにおいて、ミニコンサートも開催

 

帰りのバス利用は自由。久留米駅周辺で途中下車してお食事、お買い物も。

家族で、親子での参加も大歓迎!

 

【参加特典】

学芸員による解説付き

美術館通常入館料1,000円のところをツアー料金で鑑賞可能

 

開催日時:令和元年11月23日(土曜日)13時出発(17時15分帰着)

集合、解散:大木町図書・情報センター

参加料:600円(大学生400円、高校生以下は無料)

募集人員:先着20人(町内在住または町内企業への勤務者に限る)

申込期限:11月17日(日曜日)定員に達し次第、受付終了

申込み先:大木町図書・情報センター 

 

久留米市美術館全景

「熊谷守一 いのちをみつめて」展の見どころ

熊谷守一(1880-1977)は、東京美術学校で黒田清輝らに指導を受け、久留米出身画家の青木繁とも親交を結ぶ。今回の展覧会では、約150点の作品を展示し、守一の初期から晩年までの画業の全貌をたどるとともに、花や虫などの愛らしい作品を通じて、小さないのちを見つめる画家の眼差しと、その造形性に迫る。

 

<久留米市美術館全景>

 

 

重要無形文化財保持団体秀作展 ~日本の伝統美と技の世界~ の見どころ

久留米絣をはじめ、陶芸・染織・漆芸・和紙の各分野において世界に誇れる全国16の重要無形文化財保持団体の伝統工芸技術作品を多数展示。まさに至宝ともいえる美と卓越した職人の伝統技にふれる。

▲伊勢型紙《上下り格子》

▲久留米絣《小手毬》

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 文化・町民活動支援係
〒830-0416
福岡県三潴郡大木町大字八町牟田255-1
電話番号:0944‐32‐1047
ファックス:0944-32-1183
メールを送信